KMS座談会 なぜKMSを選んだのかどんなエピソードがあったのか、KMS社員にに本音で語ってもらいました。

入社2年目×座談会 KMSの研修には独自の新人に優しい「メンター制度」がある! 入社2年目×座談会 KMSの研修には独自の新人に優しい「メンター制度」がある!

メンターの方々のサポートは本当に心強かった

――今回の座談会のテーマはKMSの研修制度について話しをしました。皆さんは、どんなことが印象に残っていますか?

Y.A 有り難かったのが、メンター制度ですね。先輩社員が個々専任にて指導・相談役となってくれて、新入社員をサポートする制度のことなんですが、大学時代の友人に聞いたら、企業研修には未だ珍しいそうです。私のメンターは1年先輩と5年先輩の2名の方で、本当に心強かったです。
S.M そうだよね。入社間もないと上司や年上の先輩方とどんな会話をすればいいのか分らないけど、その点、メンターの方々は私たちと年齢が近いせいか、そこまで緊張せずに接することができました。仕事はもちろんですが、プライベートでも心配事が多く、よくメンターの方に相談しました。
Y.A どんなことを相談したの?
S.M 家に帰っても仕事のことが頭から離れないので、先輩ならこんな時はどうしていたのか?と思って聞いたんだけど、「分らないことや疑問に思ったことは、誰かに聞くなりして就業中に答えを見つける。家に持ち帰らない方がいい」とアドバイスされて……。

S.K 悩みのテイクアウトはよくないんだね!
全員 笑い
S.M そうそう、テイクアウトはダメなんだよ。オンオフの切り替えを上手にするテクニックが必要と感じましたね。
H.M とにかく新人に優しい制度で嬉しかったですね。会社の心遣いを感じました。いろいろとサポートしてもらいましたが、学生と社会人の意識の持ち方の違いについては、なかなか上司には聞けないので、その部分ではメンターの方に大変お世話になりました。例えばメールの書き方など、実際にメールのやり取りをさせてもらって……。非常に実践的で、知らない言葉やビジネス用語とか、業務上の言い回しとかすごく勉強になりました。

身近に話し相手がいる、それって心の支えですね!

H.N ありがたかったですし、なにより自分を応援してくれる人がいるって心強いですよ。私の場合、文系出身だったので「自分がやっていけるのか?」が特に不安でしたが、1年先輩の女性のメンターの方も同じ文系出身者で、「私も何とかなったんだから大丈夫だよ!」「頑張れ!」って励ましの声をかけていただいて、すごく勇気づけられました。
S.K 身近に話し相手がいるって心の支えですよね。仕事やプライベートのことをいろいろ相談しましたが、「学生と社会人では休日の過ごし方が違うのかな」という単純な疑問があって、それことを聞いてみたのです。そしたら、1歳上の女性メンターの方が、「私は、暇な時間を使って業務に役立つ資格を取ったよ」という回答で、そのアドバイスに従って「基本情報処理技術者」の資格を取得したんです。
全員 すごいじゃない!
Y.A 新人にとっては、研修後にどこかの部署に配属になり、そこでどんな業務が待っているのか、すごく気になると思うんです。
全員 そうだね。
Y.A メンターの先輩方は既に業務についてやっているわけですから、現場の雰囲気や業務内容が詳しく聞けて、それもすごく心強かったです。部署ごとに独特のカラーがあるとか、上司や先輩との付き合い方とか、プレゼンの際に気を付けることとか、聞いていて損なことは一つもなかった。繰り返しになりますけど、本当に新人に優しい制度だと思いますよ。

――皆さん、本日はありがとうございました!

KMS トークメンバー

  • Y.A:理系大学院卒
    第3システム部 所属
  • S.K:理系大学卒
    第1システム部 所属
  • H.N:文系大学卒
    第1システム部 所属
  • S.M:理系大学卒
    SI部 所属
  • H.M:専門学校卒
    SI部 所属