KMSの副社長、マネージャー、社員から夢に向かってチャレンジする人へメッセージ

社員紹介

2011年4月入社 理系学部卒 第3システム部 所属

今ではお客様から依頼された案件に一人で対応できるようになりました!

大きなプロジェクトに参加し、
学ぶことも多かった

立教大学理学部数学科の出身です。在学中には授業やゼミでプログラミングを学ぶことが多く、数学的な面白さも感じてIT業界への就職を希望しました。ただ、当社KMSに入ってみて実際のシステムに接すると、学校でやっていたのとは大違いで、初めて見たり聞いたりすることばかり。戸惑うこともありましたが、“習うより慣れろ”で奮闘中です。

現在は第3システム部に所属し、大手流通企業であるお客様の、通販システムの構築を担当しています。職場はお客様の会社がある中野です。直近の仕事では、ECサイトの再構築システム開発に携わりました。ECサイトのインターフェース変更のみならず、お客様の戦略的なアクションのベースとなるシステム開発。同時に運用や保守において経費削減につなげる試み。大きなプロジェクトだったので学ぶことも多く、得難い経験になりました。

「1日最低1つは新しいことを覚えよう!」を課題に

現在のサブシステムのチーム構成は6名です。最近後輩1名が加わり、今まで教わる立場だったのが、初めて指導する側になったのです。2年前の自分を思い出しながら、「教え過ぎるのも本人のためにならないし、どんな方法がいいのかな?」と試行錯誤の日々。指導しながら自分の仕事もこなさないといけない為、日々大変です。今更ながら、先輩たちの苦労を身に染みて感じているところです。

新人の頃から自らに課しているのが、「1日最低1つは新しいことを覚えよう!」です。年間200日出社すれば、1年で少なくとも200の新しい知識や技術が身に付くわけで、1年目はノートブック2冊がメモで埋まりました。人間の脳には限界あるので、耳で聞いただけでは覚えられません。仕事中に分らなかったこと、初めて経験したことなどをノートにメモしておき、ひと段落着いてから上司や先輩に聞くというやり方です。分らないからと何度も聞き返すと仕事の進捗にも影響しますからね。このメモ作戦はもちろん後輩にも教えました。

お客様と直接やり取りができるようになった!

自信って本当に大事ですよ。私が新人だった頃は、慣れない職場で、分らないことばかりで何をするにも自信がなく、積極的にお客様と話をしようという気持ちになれなかったんです。しかし、経験を重ねながら少しずつ仕事を任されるようになり、今ではお客様から依頼された案件にも一人で対応できるまでになりました。そうそう先日、お客様から質問されて「それは○○ですよ!」と丁寧にお答えしたら「ありがとうね!」って喜んでくれて……。うれしかったなぁ。お客様と直接やり取りができるようになって、私自身、少しは成長したかなと感じています。

10:00
始業 メールチェック
10:30
お披露目レビュー会
11:30
お客様とチームの合同ミーティング
13:00
お客様の社員食堂でランチ。チームのメンバーと一緒
14:00
プログラム実装、仕様書の作成など
19:00
終業。週1回ほど会社の仲間と会食

休日は友人とショッピングに出かけることが多いです。家にいるときは大好きなDVD鑑賞。