KMSの副社長、マネージャー、社員から夢に向かってチャレンジする人へメッセージ

社員紹介

2009年4月入社 文系大学法学部卒 第1システム部 所属

チームリーダーに抜擢され、この2年間ですごく成長できました!

大事なのは「現在」と「未来」
法律の世界からIT業界へ方向転換

大学法学部の1年生の頃は真剣に司法試験を目指していました。しかし、勉強していくうちに疑問が生じてきたんです。法律の世界で学ぶのは昔の法例ばかりで、大事なのは過去ではなく「現在」と「未来」でしょう? そんな時、ちょうど脚光を浴びていたIT業界への関心が高まり、無謀にも方向転換したのです。ただし、文系からITなので「大丈夫かな?」という不安も正直ありました。

私にとってラッキーだったのは、内定を頂いた直後から当社KMSでアルバイトをさせていただけたことですね。入社する頃には仕事の中身が大体把握できていましたし、先輩たちとの面識も出来ていたんです。

週1~2回は、札幌事業所の
メンバーとテレビ会議で打ち合わせ

現在は第1システム部に所属し、大手航空会社の座席予約・解約システムの開発を担当しています。羽田の新整備場にあるお客様の会社に駐在する業務形態で、チームは私を含めて6人。私はそのチームリーダーを任されています。具体的な作業は、エンドユーザー(利用者)の方々から寄せられるご意見ご要望をもとに、お客様と改修・改善の計画を考えたり、制作スタッフに指示を出したり、出来上がってきた画面を確認、チェックしたり……。1日の半分以上の時間が打ち合わせに費やされる感じです。

メンバー6人の内2人は札幌事業所にいるので、週1~2回の全体ミーティングはテレビ会議になります。札幌では主にプログラミングをやってもらっていて、そこから上がってきた仕様書や納品物をみんなでチェックしながら意見交換をしています。

チームリーダーを任されて2年
チームの牽引役という自負も強まってました

チームリーダーを任されてからは、自分が動かないとものごとが進まないことを実感する日々です。チームの牽引役という自負も自信も強まってきて、この2年間ですごく成長できたんじゃないかな。リーダーに抜擢してもらって、今は会社や上司に感謝の気持ちで一杯です。

やりがいの部分では、自分たちが作ったものが世の中に出て、大勢の人たちの役に立っていると思うと本心嬉しいし、誇らしい気分です。そのWeb画面を親に見せて「これ、僕が作ったんだよ」と自慢できますからね。それだけに責任が伴うので、本当にやりがいを感じるんです。

10:00
始業(出向先の羽田空港新整備場まで1時間ほど)
10:30
お客様やチーム内での打ち合わせ
12:00
会社ビル内のレストランでメンバーとランチ
13:00
札幌事業所のメンバーとのテレビ会議、企画書作
成など
20:00
終業。週1〜2回は会社の仲間と羽田空港国際線
ビル内のおしゃれなレストランなどで飲むことも

読書が大好き。月に一度くらい休日に社員のメンバーでバスケットをすることも…。