KMSの副社長、マネージャー、社員から夢に向かってチャレンジする人へメッセージ

社員紹介

2011年4月入社 文系大学文学部卒 SI部 第2システム課 所属

直面する壁が高ければ高いほど、それを乗り越えたときに大きな達成感が味わえます。

文系大学から「IT業界」に飛び込んだ

大学では文系で日本史を専攻していましたが、就活の際にはものをつくる仕事がしたいという思いが漠然とあり、そこへIT企業の募集が目に入り「私にもできるかな?」と思って当社KMSを志望しました。少々不安を抱えながらの入社でしたが、その不安は意外と早い時期に払拭できました。

新人研修で与えられた最後の課題は「チームでECサイトをつくる」こと。未経験のプログラミングを前にとまどい悩みましたが、先輩にアドバイスを受けたり、仲間と相談して作りあげながら、何とかやり遂げることができました。社会に出ると「できるかな?」は通用しません。大切なのは「やるっきゃない!」の精神。この時の経験が自信につながったと思います。

常にお客様の資産をお預かりする感覚が大切

研修後に配属されたのが、製造業40社ほどのお客様のホームページの保守を担当するチームでした。日々さまざまな内容の作業依頼があり、その中でも一番多い依頼は、ホームページ内の「文章を変更したい」とか「画像を差し替えたい」といった案件です。これに突発的なプログラミングの改修が加わることもあります。これらの仕事が全部重なってくると、てんてこ舞いの忙しさ。ついついスピード重視で対応していたのですが、ある時上司から「私たちは、お客様の資産を預かって管理しているんだ」、「いくら忙しくても作業の手順を守り、確実な仕事を目指そう」と言われて……。

普段より社内での作業なので、お客様の存在がピンと来ず、忘れがちになっていました。でもそれ以来は、仕事に対する意識が変えることが出来、「お客様の資産を預かっている感覚」を大切にするようになりました。程よい緊張感が生まれ、作業していても背筋が伸びるような気持ちになります。

持ち前のチャレンジ精神でこの難局を乗り切ってみせる!

最近、現場異動となり、ある通信系企業の基幹システムの受け入れテストを担当しています。大規模なプロジェクトの場合、関係する部門が多くなればなるほど、打ち合わせも頻繁に行われます。いろんな部門から大人数が参加する打ち合わせ席上では、情報共有も大変。相手の話がチンプンカンプンで、自分の話が伝えたい相手によく伝わっていないことも少なくない……。でも、直面する壁が高ければ高いほど、それを乗り越えたときに大きな達成感が味わえるはず。「やるっきゃない!」の精神で必ずこの難局を乗り切ってみせます!

09:00
始業(出向先の会社は水道橋) PCを立ち上げてメールチェック
09:30
定例会議に参加
10:30
受け入れテスト
12:00
チームメンバーと外食ランチ
13:00
受け入れテスト
13:30
テストの進捗状況の報告
19:30
終業。電車で1時間かけて帰宅。夕食を終え、就寝までの時間が最高のリフレッシュタイムです。

休日は姉と一緒にグルメツアーをしたり、自宅で料理を作ったり。一番の得意料理はカレーライス!